7.ありきたりがすべてにおいて最大のムダ

人間って不思議ですよね。
最初は驚いたことも徐々に慣れてしまうーー。
けたたましい目覚まし時計の音も慣れてしまう。
最初は驚いた自動改札も今や日常の風景。
スマホなんかも慣れてしまう。
レディーガガ(奇抜なキャラクターの世界的女性歌手)
だって登場した頃から比べると慣れてしまった。
でもそれは当然ですよね。
いちいち驚いていたら身が持たない(笑)
人間の脳は自動的に同じ刺激に
慣れるように出来ています。
新たな刺激→ドーパミンが出る(大)→同じ刺激→
ドーパミンが出る(少)→さらに同じ刺激→
ドーパミンは出なくなる…
つまり同じ刺激のくり返しでは
【耐性】が出来てしまう。
【ありきたり=ほとんど何の影響も与えられない】
という図式が成り立ってしまうのです。
さらに脳は学習して
【ありきたりの見た目】=【ありきたりの店】
と思い込みます。
いちいち考えることはしません。
即時的にスイッチが入ります。
繰り返します。
【ありきたりの見た目】=【ありきたりの店】です。
たとえ実際は違っていたとしても…。
極論だと思われるかもしれませんが
【ありきたりののぼり旗】を出して
【うちはありきたりのつまらない店ですよ】と
逆宣伝するくらいなら
なにもしないか、ヘタでも手描きの
のぼり旗を出す方がマシです。
たとえ手描きでイメージを損なうとしても、
短期的にでも集客できる方がいいではないですか。
(実際、手描きの効果はスゴいです。
腕に自信がある方はお試しを)
当店の考える理想的な広告物の順番としては
1.イメージ良し、あまり見かけない
=効果が高い(もちろんこれが最高)
2.イメージ不問、あまり見かけない
=効果が高い(手づくりでもここまで行けます)
3.イメージ微妙、ありきたり
=効果が低い(貴重なお金を使っての逆宣伝ですね)
【ありきたりは最大の敵】です。
最終的にあなたが最も多く利益を得る
お金の使い方をしてもらいたいと考えています。
目先の投資額に惑わされないで、費用対効果を
実際に比較してはいかがでしょうか。
先日、お客さまから伺ったお話で
「御社ののぼり旗は費用対効果が高くて
お客さまからも好評で本当にうれしいね。
ま、でもリピーターが利益を運んでくださるから
ご来店時にいかに満足してもらうかが
本当の勝負なんだけどね…」
商売に抜け道はないんですね。
しかしお客さまを集める最も大切な部分が
【ありきたり】では現状維持すら
厳しい時代なのかもしれません。
(ただし競争のない地域・業態は除きます)


ノウハウが詰まった無料のぼり旗カタログ、送料も無料!

なが~い集客ノウハウが詰まったページです!ぜひご一読ください!