18.スリムショートサイズを勧めるわけ

あなたの
気づき
のために

商売繁盛コラム

スリムショートサイズを勧めるわけ

”業界のあたりまえ”というのは、得てして大した根拠がないことがよくあります。単に何かしらの基準がないと都合が悪いという業者側の都合で決められることもよくあります。もちろんその基準があるから、ムダが減ってコストが下がるということもあります。
では、のぼり旗のサイズについてはどうなのでしょうか。世の中に流通しているのぼり旗のサイズは幅が60cmで高さが180cmのものが最も多く出回っています。私たちは改めて「なんでこのサイズなんだろう?」と考えてしまいました。

例えばアメリカなどの建築物と比べると正直、日本の間口(土地・家屋などの正面の幅)はそんなに広くありません。それが原因なのでしょうか、街を歩いていると「なんか建物とのバランスが悪いな」と感じることがよくあります。若干、のぼり旗が大きすぎるのです。なんか「丈や裾が長過ぎる、中学1年生の制服」みたいな印象を受けるのです。
中学生は身体が大きくなっていきますがもちろん、店舗のサイズは大きくはなりません。なので、目安としてほとんどのお店があてはまる間口が4間(約7.2m)以下の店舗にはスリムショートサイズ(幅48cm×高さ144cm)をおススメしているのです。

大きさはレギュラーサイズのおよそ8割程度のこじんまりした印象ですがかといって小さすぎず、バランスのよい印象です。また、かえっておしゃれだと好評をいただいております。レギュラーサイズとスリムショートサイズ、どちらを選ぼうかと迷われている方はいわゆる普通と違うことを恐れずに、ぜひご検討いただければと思います。またサイズが小さい分、効果が小さくなったというご報告は今のところ、一切ありません。

デザインのぼりショップ
メールマガジンの購読はこちらから(無料)

飲食店の売上アップに役立つノウハウや成功事例など飲食店の経営者や店長・マネージャーなどが多数登録しているデザインのぼりショップのメールマガジン「フードアドバイスメール」です。(社)日本フードアドバイザー協会認定の【上席フードアドバイザー】である弊社代表の井口が、あなたに月に3〜5回ほど、メールをお届けします。そして今なら【無料メルマガ登録特典 今すぐ機会損失を減らす7つのアイデア】をご登録から1週間にわたりお届けします。

ノウハウが詰まった無料のぼり旗カタログ、送料も無料!
なが~い集客ノウハウが詰まったページです!ぜひご一読ください!