お手紙をいただきました。

こんにちは。店長の井口茂樹です。
本日、お客さまから当店の村上宛に一通のお手紙が届きました。開けてみると今月末で残念ながら閉店してしまうことが記してありました。お菓子やさんの創業から70年、喫茶店の開設から56年という長い歴史のあるお店だそうです。有名な道後温泉がある街らしく観光客が大勢にぎわう中で健康上の理由でお店を閉めなければならない残念なお気持ちが伝わってくる内容でした。軽食をやめたり、禁煙にしたりと経営上、試行錯誤しながらコーヒーをメインとした喫茶店になっていったそうです。


お手紙の中でのぼり旗のおかげでお客さまが増えたことに対する感謝の内容が綴られていました。ご自身が大変な状況のなか、感謝の気持ちを伝えていただいたことが何より嬉しく思いました。嬉しかったのですぐに社内で共有して代表からお礼の電話をしてもらいました。
「あの旗の威力はむちゃくちゃすごかった、みんなコーヒーくれって言って入ってきて…。本当はデザインのぼりショップにお菓子でも贈ろうかと思っていました。別の店にも紹介します!」とのことでした。


この記事を読んでいる方にお聞きしたいのですが、インターネットの通販会社に感謝の手紙を書いたことってありますか。書いたことが無いって人が多いのではないでしょうか。私は過去にたった一回だけあります。和菓子屋さんにどうしても大切な贈り物だからとネットショップ上に掲載していない特別な詰め合わせセットをつくってもらった時に書いた一度きりです。デザインのぼりショップには多くはないですが、ときどき感謝のお手紙やハガキであったり、メールやお電話をいただくことがあります。(お叱りもたま〜にあります)


これからもお客さまのためになれるように頑張る決意ができました!ブログに紹介してもよいと許可を得たので掲載いたします。珈琲浪漫一遍堂さま、大変にありがとうございました。どうかお体を大切になさってください。全快を心より祈っております。

一遍堂さまのお手紙
一遍堂さまよりいただいたお手紙。

一遍堂さま、のぼり旗使用写真
一遍堂さまよりいただいたお写真。日付は約2年半前。2回目の購入の時のもの。

デザインのぼりショップ
メールマガジンの購読はこちらから(無料)

飲食店の売上アップに役立つノウハウや成功事例など飲食店の経営者や店長・マネージャーなどが多数登録しているデザインのぼりショップのメールマガジン「フードアドバイスメール」です。(社)日本フードアドバイザー協会認定の【上席フードアドバイザー】である弊社代表の井口が、あなたに月に3〜5回ほど、メールをお届けします。そして今なら【無料メルマガ登録特典 今すぐ機会損失を減らす7つのアイデア】をご登録から1週間にわたりお届けします。

ノウハウが詰まった無料のぼり旗カタログ、送料も無料!
なが~い集客ノウハウが詰まったページです!ぜひご一読ください!

ABOUTこの記事をかいた人

デザインのぼりショップの店長 兼 デザイナーの井口茂樹です。好きなサッカーチームはアルビレックス新潟。たまに山登りしたり、ベランダでメダカを飼っています。新潟出身なのでお米の味には敏感です。