赤羽のCafe ALAmiさんに行ってきました。

Cafe ALAmiさま看板
こんにちは。デザインのぼりショップ店長の井口茂樹です。
最近、アップした「赤羽の街のパン屋さん Lille farさん」(記事はコチラ)のすぐ後に伺ったのが今回、ご紹介するCafe ALAmi(カフェ アラミ)さんです。別の用事で赤羽駅に来る予定があったのですが、ちょうど前日にのぼり旗のご発注があったのでご挨拶に立ち寄りました。
スマートフォンの地図アプリで住所を入力しておおよその方向を確認してポケットに入れました。そして赤羽の街をぶらぶらしながら向かって行きました。

初めて訪れた街ですがとても賑やかで昼からお酒が飲める店も多く(重要です)楽しい雰囲気の街ですね。
夜はまた雰囲気が変わるのでしょう。いくつか商店街を抜けて10分少々?歩いたところで偶然、当店ののぼり旗を見つけました。「赤羽の街のパン屋さん Lille farさん」です。
Lille farさんにご挨拶をしてまた歩き始めると商店街が途切れ大きな幹線道路に出ました。

おや?おかしいなと思い、ポケットのスマートフォンを取り出してみるとCafe ALAmi(カフェ アラミ)さんをすでに通り過ぎていました。
「ゆっくり歩いていたのに気づかないものだなぁ」と思いながら踵を返し、来た道を戻りました。でもそのおかげでLille farさんにご挨拶できたので結果的には良かったです。笑

Cafe ALAmiさま外観
ようやく到着してお腹が空いた頃だったのでご挨拶とともに食事をとることにしました。
実は店主の木村さんは以前、このブログでも紹介したcafe OREOさん(記事はコチラ)と同じカフェ専門学校に通っていたときからのご友人だそうでcafe OREOさんからデザインのぼりショップを紹介してくださったそうです。

聞いてみると、cafe OREOさんが忙しくて木村さんがお手伝いに行った時のこと、
お客さまが入店する度に

「あのお客さまは絶対のぼり旗(をきっかけに入店してくれた)だよ!」
「今、立てて無いなら絶対立てたほうがいいよ!」

と強くのぼり旗を勧めてくれたそうです。

食事を待っている間にも何処にのぼり旗を立てたら良いか?気温によってのぼり旗の内容を変えること(夏ならアイスコーヒーなど)をオススメしたり、店内のインテリアやメニューがインドネシア風の理由(過去にインドネシアで日本語を教えていたとのこと!)などお話していただきました。

Cafe ALAmiさまメニューのホワイトボード
ジャワカレーにも惹かれ迷いました。笑

Cafe ALAmiさまインドネシア風ピクルス
インドネシア風ピクルス。名前はアチャール。とても美味しい!

Cafe ALAmiさま珈琲セミナー
珈琲のセミナーもやっているようです。

Cafe ALAmiさまバジルのパスタ
一緒にいった友人はバジルのパスタ。麺が旨いとあっという間に食べ終わっていました。

Cafe ALAmiさまナポリタン
ピザトースト、ジャワカレーと迷った挙げ句、私が頼んだナポリタン。イタリア人が怒るような、いわゆるナポリタンとは少し違います。(私はどちらも好きです)

Cafe ALAmiさま一杯ずつ丁寧に淹れる
豆は淹れる直前に挽いています。

Cafe ALAmiさまサイフォン式コーヒー
サイフォンで一杯ずつ丁寧に淹れています。なぜサイフォンなのか聞いたところ、安定した味が出せるところが気に入っているとのことでした。「ペーパードリップは練習したけど上手くならなかった。笑」と冗談なのか本気なのかよく分からないこともおっしゃっていました。笑

Cafe ALAmiさまコーヒーとデザート
私はミャンマーの珈琲をいただきました。国内では稀少なコーヒーとのこと、初めての味わいでした。

まだ、のぼり旗が到着しない段階でご挨拶に伺いましたが
当店ののぼり旗がCafe ALAmiさまの目印となってお役に立てることを願っています。

Cafe ALAmiさまホームページはコチラ

ノウハウが詰まった無料のぼり旗カタログ、送料も無料!

なが~い集客ノウハウが詰まったページです!ぜひご一読ください!

ABOUTこの記事をかいた人

デザインのぼりショップの店長 兼 デザイナーの井口茂樹です。好きなサッカーチームはアルビレックス新潟。たまに山登りしたり、ベランダでメダカを飼っています。新潟出身なのでお米の味には敏感です。