GW直前!飲食店ですぐに売上アップにつながる仕掛けとは?

 

 

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日までと10連休となりますね。また、元号が平成から令和に変わる時期ということもあり、各地で様々なイベントが開催されています。「食」をテーマにした「グルメフェス」も人気で、注目が集まっています。

ゴールデンウィーク中に人が集まる観光地の近くなどの飲食店では、多くの集客を見込んでいます。一方で、オフィス街などの飲食店では、大型連休で普段より人が少なくなる分、対策を考える必要があります。

そこで今回は、飲食店が取り組みやすく、すぐに売上アップにつながる仕掛け(方法)をご紹介します。

①GW中は「外食する」が7割!

➁GW限定イベント

③GW限定メニュー

ゴールデンウィークは、「いつもの休日」とは異なり、家族で出かけたり、「こどもの日」もあってお祝いをしたりしますね。

 

①GW中は「外食する」が7割!

株式会社ぐるなびが、20~60代の会員1,000人に実施した「2019年ゴールデンウィークに関する調査レポート」があります。

このレポートによると、今年のゴールデンウィークは何日休めそうですか?」という質問53.3%が「10日」と回答していました。また、2人に1人が10連休を取得予定であることがわかりました。さらに、31.9%が例年より外出機会が増えそうだと回答しています。外出を楽しみにしている様子がうかがえます。

合わせて、こちらの調査結果をご覧ください。

【「2019年ゴールデンウィーク」に関するアンケート】

 ・ゴールデンウィーク中の食事、「外食する」が70.9%、「お惣菜・お弁当などが増える」は24.8% 

2019年はゴールデンウィークが10連休となるため、食事の仕方も普段と変わることが予測されます。そこで、2019年のゴールデンウィークの食事傾向はどのようになると思うか聞きました。「分からない」と回答した人を除く436名で見ると、「外食をする」と予想している人が70.9%、「お惣菜・弁当などが増える」と回答した人は24.8%となりました。

背景には、外出・レジャーなどで普段と行動パターンが変わることや、外食すること自体をゴールデンウィークの楽しみとしていることなどが考えられます。また、外食することで家事の負荷の軽減しようという思いや、長い休み期間のメニューのマンネリ化などを防ぎたいという思いもあるしれません。

(2019年ドゥ・ハウス調べ)

ゴールデンウィークは「外出したい」という想いがあり、実に7割以上が「外食をする」を選んでいます。飲食店にとっては、このニーズをうまく売上アップにつなげていきたいところですね。

 

➁GW限定イベント

 

そんなゴールデンウィークで、取り組みやすいのが「イベント」です。特に今年は元号が「令和」へと変わります。また「子どもの日」も含まれていますね。そこで、下記のようなイベントはいかがでしょうか?

 

✓新元号「令和」決定記念イベント

たとえば「餃子の王将」を運営する株式会社王将フードサービスでは、2019年5月1日(水・祝)より、新元号「令和」元年が始まることを記念し、同日より生ビール(中)を100円引きで販売するキャンペーンを開催するとのことです。

このように「令和」を記念して割引を行う方法もありますし、お名前に「令」や「和」がある人には、デザート無料!などもいいですね。

✓子どもの日に特別なイベント

→ゴールデンウィークに「子どもの日」もあるため、お子さまやそのご家族に喜んでいただけるイベントもいいですね。たとえば、「子どもの日」のお祝いに、ご家族で集合写真を撮影する、というのも喜ばれそうです。また、ゴールデンウィーク限定で子どもにお菓子や次回使えるクーポンのプレゼントを行うというのも。この時のお菓子は、アメなど比較的安価なお菓子もOKです。

またクーポンの場合は、「次にお店に来てもらえたら、〇〇ちゃんには、デザートをプレゼントするね!」と、子どもに直接渡しながら、声をかけます。子ども向けで大切なのは、子どもに「また行きたい!」と思ってもらうことです。

たとえば「あのお店に行けば、おみやげにお菓子がもらえる!」と、お子さまに覚えてもらえれば、お子さまはあなたのお店を選ぶようになります。それがひいては、ご家族での利用につながるのです。

 

③GW限定メニュー

ゴールデンウィークは、親しい友人や家族で出かけることも多くなるでしょう。その場合に、「ゴールデンウィーク限定メニュー」「こどもの日限定メニュー」など、「いましか食べられない」というメニューを作るのもオススメです。

また、2019年だからこそできることとして、「新元号記念メニュー」として打ち出すのもいいですね。

このような「限定メニュー」を展開することは、3つのメリットがあります。それは、こちらです。

(1)価格を上げやすい

→ゴールデンウィーク限定メニューとなるため、まず「特別感」を演出しやすくなります。その結果、単価を上げやすくなるのです。

(2)運営がしやすくなる

→ゴールデンウィーク限定メニューでは、「限定メニュー」が出やすくなります。理由は「いましか食べられない、ここでしか食べられない」という意識が働くからです。また、「ワンプレート化」をしたり「限定メニュー」に絞り込んで展開したりすると、品数が減るため運営しやすくなることが挙げられます。

(3)回転率が上がりやすい

運営がしやすくなると、お料理やドリンクの提供時間も短くなりますね。それによって回転率が上がります。売上はこのように作られていますので、(売上=客単価×客数×回転率=売上)単価や回転率があがれば売上アップにもつながるのです。

 

ゴールデンウィークなどの大型連休こそ、売上アップにつながる工夫をしていきたいですね。

ほかにも、飲食店の売上アップに役立つノウハウや成功事例などを、こちらから無料でお届けしています!

デザインのぼりショップ
メールマガジンの購読はこちらから(無料)

飲食店の売上アップに役立つノウハウや成功事例など飲食店の経営者や店長・マネージャーなどが多数登録しているデザインのぼりショップのメールマガジン「フードアドバイスメール」です。(社)日本フードアドバイザー協会認定の【上席フードアドバイザー】である弊社代表の井口が、あなたに月に3〜5回ほど、メールをお届けします。そして今なら【無料メルマガ登録特典 今すぐ機会損失を減らす7つのアイデア】をご登録から1週間にわたりお届けします。

ノウハウが詰まった無料のぼり旗カタログ、送料も無料!
なが~い集客ノウハウが詰まったページです!ぜひご一読ください!